アン・コトンは社員教育の一環として「社内大学」を始めました。
社内大学ですが、一般の方もご参加いただける公開講座です。
将来的には、受講料を頂いても十分に満足いただけるクオリティーの大学に成長して行きたいと思っていますが、今回は第1回ということで、無料とさせていただきました。

大学名の「ダイバーシティ」とは、「多様性」「幅広く性質の異なるものが存在すること」「相違点」という意味です。
性別、国籍、年代などの人の外面的な多様性だけではなく、それによって異なる価値観などの内面的にも及びます。

記念すべき第1回のテーマは
「ユニバーサルファッションとLGBT」
です。

詳しくはこちら

聖ヨゼフ学園小学校様より、お直しに関しての授業をしてもらえないか?とお声掛けをいただき、3年生さんの「探究」の授業に行ってまいりました。
聖ヨゼフ学園小学校様はアン・コトン ライフ鶴見店の近くにあり、スーパー ライフ鶴見店に社会科見学にいらした折にアン・コトンを見つけてお声を掛けてくださいました。
私たちアン・コトンがどのような思いをもってお直しをしているか、また【直す】を実際に見ていただこうと、革製品、ぬいぐるみ、セーターのほつれ、破れをどう直すのか実演いたしました。明るい生徒さんたちから「困ったお直しは何ですか?」「糸の種類は?」「糸は何色ぐらいありますか?」と積極的な質問や、「今着ているカーディガンの校章が取れたのも直せますか?」とお直しを身近に感じていただけた様子で、私たちにとっても良い時間になりました。

【出前授業にご興味のある方は下記メールアドレスからお問い合わせください】
mejiro@encoton.co.jp

衣替え最中かと思います。
夏の間に着ていた洋服、着ていた時こそ不具合が分かる!まだ覚えている今のうちに次のシーズンに備えて直しておく「メンテナンス直し」をお勧めします。
また、そろそろ冬物のお直しシーズンが真っ盛りになってきます!
「そういえばあのコート去年、気になったけどあのままだった!」と心当たりがある方はお早めに!

こんにちは〜♩
アン・コトン鶴見担当、北村です。
少し遅くなりましたが2月1日に鶴見店で開催しましたマタニティーソーイング教室のご報告です。
『広告を見てすぐに申し込んだわよ!』
と、嬉しいお言葉をもらったり、マタニティーさんだけでなく、おばあちゃんがお孫さんのためにと参加いただけて楽しかったです。
また、みなさん赤ちゃんの話で盛り上がっていたご様子で、そんな場所が作れた事が、アン・コトンも洋服を直すだけでなく、地域のコミュニティーに参加出来るんだぁ、皆様の仲間にいれていただけるんだぁ、と嬉しくなりました。
あら、開催する方が嬉しい、楽しいと騒いでいてはダメかもしれませんねm(_ _)m

新潟市内のショッピングセンター デッキィ401の1階、近江口を入ってすぐ。オープンからの出店ですので、9月で20年になりました。
マスターお勧めは、ジーンズの補修。ジーンズ補修目当てのお客様がこの夏から急増しています。お気に入りはまだ捨てない、まだあきらめない!
店頭にサンプルも飾ってありますので、是非お立ち寄りください。スタッフ一同笑顔でお待ちしております。
アン・コトン デッキィ401店
新潟市中央区上近江4-12-20 デッキィ401 1階 近江口入ってすぐ TEL 025-281-2151

最近は近隣に大型ショッピングセンターができましたが、私たちはあくまで地元稲毛の皆さんのお直しインフラとして、気をゆるめず頑張ります。
聞くだけ歓迎、なんでもお尋ねください。スタッフみんなで問題を解決します。また、試着室が用意してあります。採寸もお任せください。
皆さんのご来店をお待ちしております。(サロンマスター:森、小枝、日野、藤)
アン・コトン マリンピア店
千葉市美浜区高洲3-13-1マリンピア地階 TEL 043-278-1745

7月4日は、0704お直しの日なんです。
暑い夏、体力は土用の丑の日にウナギを食べて回復、洋服はお直しの日に、直して快服。
ウナギは食べてしまえばおしまいですが、洋服は直したあとから長〜く楽しめます。
『着ないけど捨てられない、高かった〜あの洋服』を見直すチャンスです。秋冬物もこの機会にチェック!
今直しておけば9月のシーズンに余裕!

5月上旬のいまが、「衣替えお直しの日」です。
おしゃれのコレクションを整理。
1)早めに夏物をお直しに出し、ジャストサイズに。
2)秋冬物は9月のシーズンに備え、いま直して保管する。
3)不要のものはおもいっきり捨てる。ただし「高かった〜」洋服は捨てないでリメイクして楽しみましょう。
もったいない、資源の損失、地球にしつれい。